成功する断熱リフォームは妥協をしないこと

断熱リフォームをすることによって、室内の冷房や暖房の効率が良くなり夏でも冬でも過ごしやすくなるというメリットがあります。

しかし断熱リフォームといっても、その機能性は使用するリフォーム素材などによって大きく異なります。

現実的に見ると、お金を掛けた方がより機能性の高い断熱リフォームを行う事が出来ます。

リフォームに掛かる費用は高くなっても、断熱性がアップした事により光熱費を削減出来るために長い目で見た場合には、きちんとした質の良い断熱リフォームをした方がコストパフォーマンスが上回る可能性が高くなります。

よって断熱リフォームを考えた時には、中途半端なリフォームを行うよりもより質の高い断熱リフォームを選択するべきでしょう。

実は中途半端なリフォームがコストパフォーマンス的にも一番の無駄だと言えるのです。

また断熱リフォームのメリットは、快適さや家計の負担減だけではありません。

実は健康面にとってもプラスとなるのです。

例えば高齢者に多い脳梗塞や心筋梗塞は、室内の温度差が原因となるケースが多く報告されています。

また断熱性を上げることによって、結露を防ぎカビの発生を抑えることで様々な病気を未然に防ぐ事も可能です。

こうした多方面においてメリットのある断熱リフォームは、多少出費は多くなっても妥協をせずに行った方が良いでしょう。

建築には鉄筋コンクリート造と鉄骨造、木造が主流となっています。

それら自身も断熱の差がありますが、その構造に沿って適した断熱方法が採用されています。例えば鉄筋コンクリート造は他の工法と比べてもしっかりとしたコンクリートの壁が立つのでそれだけでも遮断性があり断熱に優れているといえます。

しかしコンクリート自身はいわゆる断熱材ではないのでこれだけでは冬寒く、夏は暑い建築となってしまいます。
通常は壁の中に断熱材を入れるのですがコンクリートの中に断熱材を入れることは強度的にもできません。
鉄筋コンクリートの場合は断熱材は室内側の壁に貼り付けるようにしてその上から室内の壁を作るような方法をとっています。
また鉄骨造は骨組みだけなので壁がありません。
鉄骨の骨組みに部材を取り付けて壁となるパネルを取り付けます。外壁と内壁ができるのでその間に断熱材を入れる方法ととっています。
木造も同様に柱を挟み込むように外壁と内壁の空間に断熱材を入れるような方法です。
しかし木造はどうしても鉄筋コンクリートや鉄骨造と比べても機密性が悪いので断熱性は劣るといわれています。

<特別サポート>住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|JALカード|家計見直しクラブ|GetMoney|ページランク|ページランク ランキング|サイドビジネス|超SEO対策|FXシストレ|アフィリエイト相互リンク|クレジットカードの即日発行じゃけん|